外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅直人首相は20日、衆院政治倫理審査会への出席を促すため、民主党の小沢一郎元代表と2人で1時間半、首相官邸で会談した。首相は会談後、記者団に小沢氏が自らの政治資金問題に関する司法手続きが始まることを理由に拒否姿勢を変えなかったことを明らかにし、会談は決裂した。首相は政倫審出席に小沢氏が応じない場合は、「党として何らかの物事を決めなければならなくなる」と議決方針を伝えた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信