外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 野田佳彦首相は30日、就任後初の党首討論で、社会保障と税の一体改革に伴う消費税率10%への段階的引き上げ時期や幅についての結論を年内に得るとの決意を重ねて強調、自民党の谷垣禎一総裁に与野党協議に応じるよう求めた。谷垣氏は消費税増税は民主党のマニフェスト(政権公約)に明白に違反していると指摘し衆院の解散・総選挙を早期に行うよう要求、対決色を鮮明に打ち出した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信