外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅首相が、本来なら物価下落に伴い減額となる11年度の年金支給額について特例措置による据え置きを検討するよう細川厚労相に指示していたことが15日、分かった。政府筋が明らかにした。細川氏は14日午前の記者会見で「現役世代も賃金が下がっている状況。法律通りお願いしたい」と述べ、引き下げに理解を求めていた。年金額を引き下げなかった場合、年金財政に悪影響を与え、将来世代へ負担を先送りすることになる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信