外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 野田佳彦首相は27日、衆院の「1票の格差」是正のための関連法成立後、選挙制度改革に必要な手続きが完了しなくても衆院を解散する可能性に言及した。「法改正し区割りして国民に周知するプロセスを経るのが一般論だが、どうしても国民の信を問わなければいけないときは首相の専権事項として判断しないといけない」と述べた。視察先の岩手県山田町で記者団の質問に答えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信