ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

首相、日本維新と太陽の合流批判

 野田佳彦首相は18日午前、日本維新の会と太陽の党の合流に関し「それぞれシャープな路線、色を出していたのに、混ざってグレーになってしまった」と批判した。具体的には原発政策の違いなどを挙げ「今回の合流劇はエネルギー政策を前に進めるのか、後退するのか、方向感が見えない」と指摘した。同時に民主党の候補者公認については「私が全部目を通して決めるが『脱世襲』の方針は貫徹する。例外はつくらない」と強調した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。