外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 安倍首相は15日、中韓両国が反対する靖国神社への参拝を見送ったのをきっかけに、冷え込んだ関係の改善に向け中断している首脳交流の早期再開を目指す。一方、稲田行政改革担当相は15日午後、安倍内閣の閣僚として、3人目となる参拝に踏み切った。アジア諸国への加害責任と反省を明言しなかった全国戦没者追悼式での首相あいさつと合わせ、中韓両国の反発に拍車を掛ける恐れがあり、近隣外交の立て直しは容易ではない。

共同通信