外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米軍制服組トップのマレン統合参謀本部議長は23日、米軍普天間飛行場が日米合意に沿ってキャンプ・シュワブ沿岸部に移設されない場合は「日本への安全保障提供が難しくなる」と述べ、政府に対し現行計画受け入れを強く求めた。一方、鳩山首相は、現行計画以外に選択肢がないか調査するよう、岡田外相と北沢防衛相に指示したことを明らかにし、同問題をめぐる日米間の方針の違いが明確になった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信