外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 鳩山由紀夫首相は23日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「すべてはこれからだ。焦ることはない」と述べ、時間をかけて判断する考えを示した。移設問題では、米国防長官が20日に岡田克也外相と会談、キャンプ・シュワブ沿岸部への移設計画が「唯一、実現可能」と指摘。オバマ大統領来日までに日本政府の結論を出すよう要望した。首相が慎重に検討の意向表明で、大統領来日時の決着は困難な見通し。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信