外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅直人首相は18日の参院予算委員会で、国会答弁を軽視するような発言をした柳田稔法相について「本人には強く注意した。さらに頑張ってもらえると思っている」と述べ、野党の求める罷免を否定した。同時に「法律に詳しいというよりも、全体的、国民的観点から物事を判断できる人を任命した」と柳田氏は適任との認識を示した。柳田氏は「今後、国会審議では、より一層、真摯かつ誠実に対応する」と述べた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信