外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 与野党9党首は3日午後、日本記者クラブで開かれた討論会で経済政策などをめぐり論戦を展開した。安倍晋三首相(自民党総裁)は、来年4月に予定する消費税率8%への引き上げについて「4~6月の経済指標を見ながら適切に判断したい」と説明。デフレ脱却への決意も示した。民主党の海江田万里代表は首相の経済政策「アベノミクス」が物価上昇を招いたと批判し「長続きする経済成長を求めなければならない」と訴えた。

共同通信