ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

首相、照射報告の遅れ認める

 安倍晋三首相は7日の衆院予算委員会で、1月30日に発生した中国海軍艦船による海上自衛隊護衛艦へのレーダー照射に関し、自らへの報告が遅れたことを認めた。小野寺五典防衛相は報告を受けたのが6日後の2月5日だったと説明。小野寺氏は5日中に首相に報告し、公表に踏み切った。首相は今後未確認でも速やかに報告を求めると明言した。照射は「極めて遺憾な出来事だが、対話の窓口は閉ざさないことが大切だ」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。