外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 安倍晋三首相は30日の衆院予算委員会集中審議で、閣僚らに相次ぐ政治資金問題に関し、疑惑が指摘されれば説明責任を尽くす必要性があるとの考えを言明した。「与党も野党もなく自ら襟を正し、政治の信頼を維持するため努力しなければならない」とも述べ、各議員に適正な資金管理を訴えた。

共同通信