外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 安倍晋三首相は30日午前の参院平和安全法制特別委員会で、安全保障関連法案をめぐり、法の規定や解釈がみだりに変わらない「法的安定性」を軽視したとも受け取れる発言をした礒崎陽輔首相補佐官を自ら注意したと明らかにした。民主党が「更迭すべきだ」と求めたのに対し、拒否する考えを明言した。

共同通信