外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅直人首相は6日夕、臨時国会閉会を受けて記者会見し、来年の通常国会対応をめぐり参院で否決された法案を衆院で再可決できる勢力を確保するため社民党との連携を強化する考えを表明した。「社民党と(与党の)国民新党との関係をより緊密化し、戦略的にとらえて共闘したい」と述べた。11年度予算関連法案などを成立に持ち込める環境を整えることで、国会運営の主導権を握るのが狙いだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信