外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 安倍晋三首相は19日、東京電力福島第1原発を訪れた。防護服を着て原発施設内を視察。汚染水を保管するタンク群などを見て回り、汚染水漏れの現状と対応策を確認する。汚染水漏れへの内外の関心が高まる中、「首相が先頭に立って取り組む姿勢」(官邸筋)を世界に発信するため海外メディア代表も同行させた。視察を踏まえ、原発事故対応に国が前面に出る構えを表明し、関係府省庁に対応を指示するとみられる。

共同通信