外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 野田佳彦首相(民主党代表)は22日午後、党本部で開いた全国幹事長・選挙責任者会議で、自民党の安倍晋三総裁が沖縄県・尖閣諸島の実効支配強化を打ち出したことを念頭に「威勢のいい言葉を言い、力強い言葉が躍る世の中は危ない。一線を画さないといけない」と批判した。自らが打ち出した脱世襲方針については「特定の家柄が政治を続けるなら家業だ。脱世襲政治は一つの試金石になる」と自賛。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信