外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 衆院選投開票日まで1週間を切った10日、各党党首は街頭演説で政策を訴えた。野田佳彦首相(民主党代表)は「戦後レジーム(体制)からの脱却」を唱える安倍晋三自民党総裁の政治姿勢を批判、安倍氏は公共事業について「未来への投資だ」と訴えた。首相は埼玉県新座市で「戦後の歴史はそんなに否定されるものか」と反発。安倍氏は長野県上田市で「公共事業の無駄遣いはしない」と強調した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信