ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

首相「負担軽減策受け沖縄へ」

 菅直人首相は12日午後の衆院予算委員会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古崎への県内移設をめぐり、基地負担軽減策を取りまとめてから沖縄入りし、移設への理解と協力を自ら求める考えを明らかにした。沖縄訪問の意向を問われたのに対し「予定は決めていないが、基地負担軽減策の形ができたら、それを持って訪問したい」と答えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。