外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅直人首相は4日午前の参院予算委員会で「財政健全化は、誰が首相でもどの党が政権を取っても避けて通れない課題だ。財政健全化のために不退転の決意で臨む」と述べ、税財政改革に取り組む考えを示した。参院選での民主党大敗に関しては「首相の評価は歴史が決めるものであり、歴史に恥じない行動を取りたい」と強調、続投に意欲を示した。また政治主導確立関連法案について修正の可能性に言及した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信