外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 安倍晋三首相は18日の衆院予算委員会で、環太平洋連携協定(TPP)参加で打撃を受けることが懸念されている国内農業に関し「農業は国の礎でなければならない。農業、食はしっかりと守っていくと約束したい」と述べ、交渉に臨む決意を表明した。TPP交渉を担当する甘利明経済再生担当相は、国民皆保険制度について「日本の医療制度の根幹であって、揺るがすことは絶対にないよう取り組みたい」と堅持する考えを明言した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信