外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 安倍晋三首相はトランプ米大統領との初の直接会談に臨むため9日夜、米ワシントンに向け出発する。現地時間10日に予定する首脳会談では、対日貿易赤字の一因として米側が批判する金融緩和策について、デフレ脱却のためで円安誘導が目的ではないと理解を求める方向だ。政府関係者が8日、明らかにした。日本経済界の対米投資や雇用創出への貢献も説明し、経済連携の強化による相互利益を働き掛ける。滞在中、ゴルフや5回の会食などトランプ氏から異例の厚遇を受ける。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信