外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日米両政府は12日、来年1月の通常国会召集前で調整していた野田首相の米国公式訪問を先送りする方針を決めた。首相、オバマ大統領ともに年明けの日程が立て込んでおり、ホワイトハウスでの公式夕食会など必要な行事の時間を十分確保するのが困難なためだ。来春以降で再調整する。日本側は、年明けの小幅な内閣改造も取りざたされており、政府筋は「先が見通しにくい中で無理する必要はない」としている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信