外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 藤村修官房長官は7日午前の記者会見で、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加問題について、9日の民主党意見集約を得た上で、野田佳彦首相が10日に記者会見して態度表明する方向だと述べた。首相は交渉参加に意欲を示しており、参加決断の理由などを説明する見通しだ。TPPをめぐり9日の意見集約後の段取りについて、藤村氏は(1)政府・民主三役会議(2)首相出席の関係閣僚会合で方針決定―と説明した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信