外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 野田佳彦首相は8日、東京電力福島第1原発事故対応をめぐり、福島県南相馬市の製紙会社や病院を視察した。会社従業員らとの意見交換では「産業振興、雇用創出なくして福島の再生はない」と述べ、地域産業の再生に全力を挙げる考えを強調。首相の福島訪問は昨年10月以来3回目。視察したのは原発の北約25キロにある丸三製紙。事故で従業員の確保が難しくなったり、風評被害で売り上げが落ちている現状の報告を受けた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信