外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 安倍晋三首相が8月15日の靖国神社参拝を見送る方向となった。政府、与党関係者が1日、明らかにした。東京裁判のA級戦犯が合祀された靖国神社へ終戦記念日に参拝すれば、中韓両国との緊張が一層高まると判断した。日本と中韓両国との対立を懸念する米国にも配慮した。自民党などでは、10月の靖国神社秋季例大祭に合わせた首相参拝を期待する声もある。

共同通信