外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅直人首相は15日午前の参院予算委員会で、経済連携協定(EPA)や自由貿易協定(FTA)締結に関し「日本が立ち遅れているという認識を持っている。(農業などの)国内的対応を含めて遅れないよう積極的に取り組む」と強調、交渉を加速させる考えを示した。官僚の地方自治体出向が常態化していることについて「霞が関の支配が自治体に及ぶツールになる一方、自治体側も依存している」と述べた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信