外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 安倍晋三首相は今月下旬にワシントンで開くオバマ米大統領との首脳会談で、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加の可否について表明を見送る方針を固めた。経済界は訪米時に参加表明するよう求めているが、自民党内の慎重論に配慮した。首相は首脳会談で関税撤廃の「例外」品目が認められる可能性を探り、国内調整を経た春以降に方向性を打ち出す構えだ。政府関係者が7日明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信