外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 首都高速道路と阪神高速道路は1日、定額制から500~900円の距離別料金制に移行した。ともに距離別料金の採用は開通以来初めてで、距離に応じた公平な負担を求める利用者の声に応えた。ETC(自動料金収受システム)搭載の普通車の場合、最低料金を500円として、6キロ超の走行分は6キロごとに100円ずつ加算し、24キロ超はすべて900円。現金の車は原則、入り口で上限料金である900円を支払う。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信