【広州共同】英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)などによると、香港の外国人記者クラブ(FCC)の副会長を務める同紙のビクター・マレット氏が8日、香港当局に入境を拒否された。マレット氏は就労査証(ビザ)の更新を拒まれ、10月に香港を出ていた。FCCが香港独立派の講演を主催したことが背景にあるとみられる。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。