外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 元日恒例の全日本実業団対抗駅伝は1日、前橋市の群馬県庁前を発着点とする7区間、100キロに37チームが参加して行われ、コニカミノルタが4時間51分32秒で5年ぶり7度目の優勝を果たした。トヨタ自動車九州が4時間55分24秒で2位に入り、1秒差の同タイムでカネボウが3位、ホンダが4位だった。コニカミノルタは4区の宇賀地強がトップに立ち、5区の伊藤正樹から最終7区まで3区間連続の区間賞で逃げ切った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信