外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本民営鉄道協会は22日、大手私鉄16社の駅や車内で2012年度に起きた駅員や乗務員への暴力行為が計231件に上ったとする集計を発表した。08年度から5年連続で200件を超えた。JRも東日本など5社の集計で552件の暴力行為があったことを明らかにした。民鉄協会の集計によると、暴力行為をした加害者の77%が酒を飲んでおり、午後10時から終電の間に半数以上の123件が起きていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信