外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルン共同】スイス北部の民家で、19世紀後半の駐日スイス領事が記した書簡など千ページに及ぶ資料が見つかり、所有者が30日、スイス連邦政府に寄贈した。発見したチューリヒ大のハンス・トムセン教授(東洋美術史)は「スイスなど当時の欧州諸国と日本の関係を知る上で貴重な資料だ」としている。

共同通信