外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 26日午前9時45分ごろ、東京都千代田区皇居外苑で、アフリカのレソト大使が乗った馬車を警護していた警視庁騎馬隊の男性巡査部長(56)が馬から落下し、首や胸の骨を折るなどの重傷を負った。命に別条はないという。砂利道に入った際、馬が突然暴れだした。振り落とされた後も、馬が見物客の方に暴走するのを防ごうと手綱を放さず、そのまま約27メートル引きずられ、頭を強く打ちつけたという。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信