外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宇宙飛行士の星出彰彦さんが国際宇宙ステーションで育てたメダカを調べた結果、微小重力では骨を溶かす「破骨細胞」が活性化していることが分かったと、東京工業大のチームが英科学誌に21日発表した。

共同通信