外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 オリンパスの巨額損失隠し問題で、歴代経営陣の責任の有無を調べていた同社の取締役責任調査委員会が高山修一社長ら現役の取締役を含む十数人の責任を認定し、オリンパスが損害賠償を請求すべきだとする報告書をまとめたことが7日、分かった。関係者によると報告を受けた高山社長は月内に辞任する意向を固めた。支払いに応じない場合、オリンパスは損害賠償訴訟を提起する方針。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信