ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

高松市、生活保護申請を門前払い

 高松市で路上生活する40代男性が生活保護の申請に訪れた際、同市の福祉事務所の相談員が「高松市に住民票がない」ことを理由にいったん申請を受け付けなかったことが6日、関係者への取材で判明。生活保護法では住民票の有無は受給条件とは関係ない。専門家によると、申請拒否は“水際作戦”と呼ばれ「全国的な問題で氷山の一角」と指摘。生活保護費削減の流れが強まる中、門前払いが広まっている可能性をうかがわせている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。