外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 高松空港の管制官が旅客機との交信で約10分間にわたり応答しなかったトラブルで、国交省は21日、管制塔にいた管制官が当時、居眠りをしていたと発表。また当初「別棟の事務室で調べ物をしていた」と説明していたもう1人の60代の管制官は、ターミナルビルの売店に夕食のパンを買いに出掛けていたことも分かった。40代の男性主幹管制官は当初、「ヘッドセットを付けずにスピーカーで音声を聞こうとした」と説明していた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信