ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

高校生の就職内定率60・9%

 来春卒業予定で就職を希望している高校生の10月末時点の就職内定率は、前年同期より2・3ポイント増の60・9%で3年連続の上昇となったことが14日、文部科学省の調査で分かった。厚生労働省による9月末時点の調査では0・5ポイント下回っていたが、今回は持ち直して改善傾向を示した。文科省は「2008年のリーマン・ショック直後より求人数が増えてきたが、依然厳しい状況なので支援を進めたい」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。