外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪府岬町で1月、下校途中に脱法ハーブを吸ったとみられる府立高校の男子生徒の少なくとも3人が、呼吸が速くなったり、息苦しくなったりするなど体調の悪化を訴え、このうち1人が救急搬送されていたことが15日、捜査関係者らへの取材で分かった。目撃した人は「5人ぐらいで歩いていてばたばた倒れた。1人は意識がもうろうとしていた」と証言。大阪府は昨年、脱法ハーブの使用などに罰則を設けた全国初の条例を制定。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信