外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 中国石家荘市で国家安全当局に拘束され、9日に釈放された建設会社フジタの中国現地法人副部長高橋定さん(57)が10日、フジタ本社で記者会見し、拘束が長期間になった理由について「軍事管理区域を示す『軍事禁区』の表示に気付かずビデオ撮影を続けたためではないか」と説明した。高橋さんは19日ぶりに釈放され、10日午前、上海の虹橋国際空港を出発。羽田には日本時間午後0時半ごろに到着。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信