外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 来年1月に裁判員裁判が始まる元オウム真理教信者高橋克也被告(56)に東京拘置所で接見した社会心理学者が6日までに共同通信の取材に応じ、「今も教義の影響を受けており、信者そのものに見えた。(逃亡で教団を離れ)長年社会生活をしていても、洗脳が解けないのがカルトの恐ろしさだ」と印象を語った。12年の逮捕後、高橋被告の様子が明らかになるのは初めて。

共同通信