外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 リオデジャネイロ五輪第11日(15日)バドミントンの女子ダブルス準々決勝で第1シードの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)がマレーシアのペアを下し、準決勝に進出した。男子ダブルスの早川賢一、遠藤大由組(日本ユニシス)は準々決勝で敗れた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信