外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪第14日の18日、バドミントン女子ダブルス決勝で、高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組=日本ユニシス=がカミラ・リターユヒル、クリスティナ・ペデルセン組(デンマーク)を2―1で下し、バドミントンで日本初の金メダルを獲得した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信