外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 高知県は15日、南海トラフ巨大地震が発生した場合、人口の6%弱の最大4万2千人が死亡、負傷者3万6千人のうち2万人が重傷になるとの独自予測を公表した。津波避難ビルやタワーの整備を進めれば死者数を1800人に削減できると分析している。内閣府が昨年8月、同県の死者数を4万9千人とする想定を発表したが、県は津波対策が進んだことも考慮し、予測をまとめた。重傷者数は初めて試算した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信