外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は14日、東京電力福島第1原発事故で、放射線量が局地的に高い「ホットスポット」として指定した「特定避難勧奨地点」について、線量が下がっているとして、福島県伊達市の117地点(128世帯)と川内村の1地点(1世帯)を解除した。特定避難勧奨地点の解除は初めて。伊達市と川内村の特定避難勧奨地点はなくなった。ほかに南相馬市の142地点(153世帯)も指定されているが、今回は解除を見送った。政府と南相馬市が協議を続ける。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信