外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 全国の高速道路を管理する東日本、中日本、西日本の3高速道路会社は25日、橋の架け替えやトンネルの大規模改修といった老朽化対策で、今後100年間に5兆4千億円から10兆6千億円が必要との試算を公表。最大のケースで3社の料金収入の7年分に当たる。首都高速や阪神高速、本州四国連絡高速も含めれば、さらに巨額の財源が必要。2050年に無料開放するとの政府方針は実現が困難な情勢で、有料期間の延長は避けられない見通し。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信