外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府、与党は2日、高速道路の新料金制度の本格検討に入った。焦点の割引は、普通車で「上限2千円」などとした国土交通省案を軸に議論、廃止予定の時間帯割引などは一定期間は原則継続する方向で調整する。ただ料金改定の手続きなどに時間がかかるため導入は来年夏以降になる見通しで、それまでは来年3月で終了予定の「休日上限千円」など自公政権が導入した現行割引を継続する考え。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信