外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】スペイン北西部ガリシア州サンティアゴ・デ・コンポステラで24日に起きた高速鉄道脱線事故で、現地の司法当局は28日、列車の運転士のフランシスコ・ホセ・ガルソン容疑者(52)を過失致死などの容疑で刑事訴追した。同容疑者は事情聴取の後、「逃亡や証拠隠滅の恐れはない」として保釈された。列車は制限時速80キロを大幅に上回る190キロでカーブに進入し脱線。79人が死亡、多数の負傷者が出た。

共同通信