外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宗教法人高野山真言宗(総本山・金剛峯寺、和歌山県高野町)は18日、2013年に発覚した多額の資産損失をめぐり、宗教法人法や内部規定に反してリスクの高い金融商品を購入したなどとして、実務責任者に当たる当時の宗務総長庄野光昭氏(73)と前財務部長に計約7億5千万円の損害賠償を求めて提訴する方針を決めた。

共同通信