外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 横浜市旭区中希望が丘の住宅で昨年12月、2人暮らしをしていた母親(77)と重い障害のある息子(44)が相次いで病死しているのが見つかったことが17日、旭署への取材で分かった。息子の世話をしていた母親が先に倒れ、周囲が気付かないまま2人が「孤立死」したとみられる。旭署によると、息子が以前通所していた福祉施設の職員が電話に出ないのを不審に思い、昨年12月6日に自宅を訪問。無施錠のトイレの窓を開けて異常に気づいた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信